ニュース・トピックス

HOME > ニュース・トピックス > 菊武学園からのお知らせ > 学園関係者、海外姉妹校300名が集い 菊武学園創立70周年を祝う 

学園関係者、海外姉妹校300名が集い 菊武学園創立70周年を祝う 

学園創立70周年を祝って記念式典が華やかに開かれた
参加者への謝辞と将来の展望を語る高木弘恵理事長
式典参加者で記念撮影して祝う

学校法人菊武学園(高木弘恵理事長)の創立70周年を祝う記念式典は、11月16日、名古屋・名駅近くの新しい「ストリングスホテル名古屋」で、盛大に執り行われました。

理事ら学園関係者をはじめ海外姉妹校の幹部ら約300名が参加しました。高木弘恵理事長は「学園が70年を迎えられたのは皆さまのおかげ。100周年にめざして頑張ります」と、感謝の言葉を述べました。

海外姉妹校の台湾・育達科技大学の王育文理事長が、来賓を代表して「菊武学園の長い歴史に敬意を表します」と祝辞を述べ、丹羽秀樹・前文科副大臣、大村秀章愛知県知事、河村たかし名古屋市長、鈴木英敬三重県知事からのビデオメッセージが会場に映し出されました。

菊華高校の米木綾教諭らの琴と尺八の演奏が、会場に力強く響き、最後に大学から幼稚園までの学生、生徒、園児ら7名が、未来への躍進を誓いました。

この後、会場をホールに移してパーティを開催。理事で岡谷鋼機社長の岡谷篤一様のご発声で乾杯、華やかな雰囲気の中、出席者は手品師らのパフォーマンスを楽しみ、学園の思い出に花を咲かせました。