ニュース・トピックス

HOME > ニュース・トピックス > 名古屋産業大学 > 全国植樹祭を描く田んぼアートに名産大生ら40名が奮闘 7月には楽しめる

全国植樹祭を描く田んぼアートに名産大生ら40名が奮闘 7月には楽しめる

泥んこになって田植えアートに挑戦する

学園創立70周年を記念して名古屋産業大学、菊華高校、菊武ビジネス専門学校が、尾張旭市やJAあいち尾東に協力して、6月2日、尾張旭市城で「田んぼアート」の田植えをしました。

古米や赤米など4色の稲を植えて、来夏、森林公園で行われる全国植樹材の文字と市のキャラクター「アサピー」を田に浮かび上がらせます。学園の創立記念を祝いたいと、名産大生約25名と菊華高校と菊武ビジネス専門学校からも生徒14名が参加して、田に張られたデザインを示すロープに沿って、気持ちの良い初夏の日差しの下、熱心に苗を植え、汗を流していました。

7月中旬ごろから、絵柄が田に浮かび上がり、真向いの旭城展望台などから楽しめます。