ニュース・トピックス

HOME > ニュース・トピックス > 菊華高等学校 > 感謝の演奏と手紙に大きな拍手 菊華高アクトコースの卒業公演

感謝の演奏と手紙に大きな拍手 菊華高アクトコースの卒業公演

3年間の学びの動きで卒業公演を彩る

「感謝」をメーンテーマに、菊華高校アクト系クラスの第4回卒業公演が、1月17日、名古屋市の守山文化小劇場で開かれました。2クラスの生徒40名が、歌、踊り、楽器演奏をはじめ今年初めて演劇を披露しました。情熱あふれたパフォーマンスに、保護者らから盛んに拍手が送られました。

1部は、ソロや2、3名のグループごとに歌を披露。3年間学んだ歌唱力を響かせ、最後、2クラスごとに全員で、自分たちで作詞したオリジナルの歌を、成長と周りへの感謝の気持ちを込めて合唱しました。

2部は、ドレスを着た淑女の女子生徒をスーツ姿の男子生徒がエスコートしてモデルウォーキングに挑戦。最後には今年初めて全員でシナリオ、音響、舞台装置も担当した演劇を披露しました。文化祭や修学旅行など3年間の行事を寸劇で表現し、最後はそれぞれが感謝の気持ちを込めた手紙を、客席に降りて父母ら保護者に手渡すと、盛んな拍手とうれし泣きが交錯し終了しました。