ニュース・トピックス

HOME > ニュース・トピックス > 菊武学園からのお知らせ > 名産大ボクシング部の高山選手 スポーツ仲裁機構にアマチュアの調停を申立て

名産大ボクシング部の高山選手 スポーツ仲裁機構にアマチュアの調停を申立て

調停申立ての記者会見に臨む高山選手、高木理事長=大阪弁護士会館で
弁護団を結成し、アマチュア登録を目指す

名古屋産業大学2年のボクシング部員で、日本で初めてプロの世界主要4団体を制覇した高山勝成選手(34)は、4月19日、アマチュア登録を求めて日本ボクシング連盟と日本オリンピック委員会(JOC)を相手に、スポーツ仲裁機構に調停の申立てをしました。

調停申立ての理由として、日本ボクシング連盟が不当にアマチュア登録を認めていないことから規則の改正を求め、JOCには上部団体として日本ボクシング連盟への指導を挙げています。

大阪弁護士会館で記者会見した高山選手は、集まった約20社のマスコミ記者らを前に、東京五輪出場の思いを切々に訴えました。

高山選手は昨年春、名古屋産業大学への入学と同時にプロを引退し、アマチュアとして2020年東京五輪を目指すことを表明しました。しかし、国際ボクシング連盟(AIBA)は2016年のリオ五輪から、プロボクシング選手の参加を認めていますが、日本ボクシング連盟は元プロ選手の試合出場を認めていないことから、規則改正を訴えて署名活動を続けてきました。

今年3月7日にはこれまで集まった約2万5000名の署名データをJOCに提出、日本ボクシング連盟にも提出しようとしましたが、責任者不在を理由に受け取りを拒否されました。菊武学園では、調停の申立てを機に、再度、署名活動を展開して、高山選手をこれまでと同じように支援することになりました。