ニュース・トピックス

HOME > ニュース・トピックス > 名古屋産業大学 > 名産大研究グループ 科学技術分野で初の文部科学大臣表彰に輝く

名産大研究グループ 科学技術分野で初の文部科学大臣表彰に輝く

初の文部科学大臣表彰された伊藤教授、林教授、岡村教授(左から)
文部科学大臣表彰で研究グループに贈られた盾

名古屋産業大学研究科長の伊藤雅一教授、岡村聖教授、林敬三教授の研究グループは4月17日、名古屋産業大学として初めて2019年度科学技術分野の文部科学大臣表彰を受賞しました。

文科省は毎年、科学技術に関して研究部門など5部門に功績のあった研究者らを顕彰しています。伊藤教授ら3名は、科学技術の普及啓発に寄与したとして「理解増進部門」で受賞しました。

表彰理由は、2003年度から15年間にわたって、児童・生徒が学校周辺のCO₂濃度と地域環境との関係を調査し、低炭素地域づくりに役立つ環境教育プログラムを開発。さらに環境教育の基盤となるCO₂濃度測定局の開設や学習支援システムの整備、海外での環境教育の推進、教材の出版、指導者の研修活動などが挙げられました。

また、日本と台湾の小中高延べ129校で、CO₂濃度調査に基づく環境教育に5000名を超える児童・生徒が参加し、科学技術の理解増進に寄与したことも評価されました。

この研究は、2017年度の地球温暖化防止活動で環境大臣賞に続く受賞です。